top of page
大臣とみんなステージ.jpg

​リデザイン・アクションエリア

ジェンダーフリーの次は、エイジフリー。日本の超少子高齢社会の多くの課題は、資源としての人(老若男女)の可能性を年齢・年次で制限しないエイジフリー社会とすることにより、課題の多くを解決できる可能性があります。そのための知の融合と共創につなげる場として、各種プロジェクトを推進中です。

リンダパネルリンダ話.jpg

01 Combat Ageism Advocacy 

年齢に対する価値観をアップデート

何歳になったら~できない。何歳になったら~しなくてはならない。そんな年齢によるフレームと偏見を議論、意見を交わすことで融合、自分と社会の未来をポジティブに。自分の未来は自分で選び、つくる。

02   Redesigning work for Diversity

働き方のリデザイン

イノベーション創出、職場のWell-beingの向上のためのDIは、エイジダイバーシティから。日本の新卒一括採用、年功序列、定年制の是非を問い、100年時代の生き方、働き方のリデザインを提言します。

リンダ ウェルエイジンングレク.jpg
MicrosoftTeams-image (3).png

03 STI for SDGs & Well being

ウェルビーイング&エイジテック アワードの開催

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

04 Environment / Energy

​安心・安全のための環境・居住の在り方のアップデート

2024年、75歳以上の高齢者の割合は3割以上。一億総ケアラー時代の到来です。そんななか、災害で取り残されるのは高齢者や子ども、妊婦がほとんど。都市と居住の在り方、コミュニティの交流を進めるための二拠点生活、エネルギーの分散など新たな生活の在り方やそれを支える制度政策を考えます。

吉良議員デジタルケアタウン構想@アワード.JPG
134694401_3864957666868778_6335392941336761535_n.jpg

05 Integrat Care   統合ケア

​持続可能な医療・介護・予防ヘルスケア

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

06 経済・金融・経営

新たなサスティナブル経営コンソーシアム

サスティナブル経営とは脱炭素、GXのみではなく、ダイバーシティもあれば、経済成長の新たなあり方を考えることも必要です。超高齢化する日本の労働力の減少は生産年齢の拡大はもちろん、アメリカ並みに知財で外貨を稼げるようにすることなど、大量生産大量消費に代わる成長の在り方を議論し、アップデートすることも重要です。​

遠藤長官.webp
棚田の時の写真.webp

07 Planetary Health, Global Health

​地球の健康とグローバルヘルス

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

08 経済・金融・経営

新たなサスティナブル経営コンソーシアム

遠藤長官.webp

人的資本経営に年齢ダイバーシティは欠かせません。

bottom of page