Spaceship

​IMAGINE JAPAN2050
CLOSE UP提言

プロジェクト名

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

ローランドベルガー シニアパートナー 田村誠一氏

1. People and Society

環境や資源への影響を図る上でのドライバーとなる。人口増加のスピードは2050年まで加速度的に上昇。1950年は25億人、2020年78億人、2050年には97億人、2100年までは109億人とやや緩やかにと増加することが予想されている。人口増加は主にアジア及びアフリカが牽引。

労働人口が高齢者を支えることを前提とすると、64歳以下を労働人口とすると日本は2050年に1.3人で高齢者を支える必要がある。ただし、健康寿命が伸び、労働年齢を75歳まで引き上げた場合、2.7人で高齢者を支えることができる。世界的には、2050年までに1人の65歳以上を支える割合はアジアは6人→3人、アフリカは13人→9人、ヨーロッパ3人→2人、北米3.5人→2.4人、南米6.6人→3人、日本3人→1.3人となり、日本はその最先端を走っている。

2.Health and Care

Covid-19の GDPへの影響はGDP -4.4%であり、リーマンショックの影響をうわ待っている。病気とトリートメントが重要な社会課題に。例えば、世界的な認知症患者は 2018年5000万人 →2030年8200万人 →2050年 1.5億人に増加が予想されている。この社会保障額は2018年1兆ドルから2030年2兆ドルへと増加。今後更なる増加が予想される。

3. Environment and Resources

気候変動と汚染(大気、水、公害)

2100年までに温暖化を+1.5度までとするための温室効果ガスの削減が求められている。一方で人口増加に伴い、2050年までに水の使用料が1.3倍になる。食料では消費カロリーが1.5倍必要になる計算。これを賄う農地はインドの国土の倍必要になる。人口増加を支える食料を確保するためにはGHGが増えることになるので、人口を支えるリソースと資源を確保するべきには現在の食生活などのライフスタイルや価値観を見直す必要がある。

4. Economics and Business

2050年にはインドが世界3位のGDP大国になり、世界経済におけるパワーシフトがアジアに移動していく可能性がある。また、トランスポーテーションとユーティリティセクターのイノベーションが経済に与えるインパクトが大きい。また、ファイナンスの観点では家計、金融、非金融、国家の全ての項目でデッドが増えていく。

5. Technology and Innovation

経済(人口一人当たりのGDP)とイノベーションの先進度合い(Bloomberg Innovation index)には高い相関が見られる。ガートナーのハイプサイクルからもAIがイノベーションの鍵になる。50%の確率で、2024年にはテレフォンバンキングのオペレーターがAIに代替できる。2049年にはNew York Timesのベストセラーを書く可能性がある。2060年には人のタスクをマシーンが代替する。2140年には全ての職業が完全自動化する。

6. Politics and Governance

民主主義の危機が予想される。世界の国の中では既に独裁国家が過半数を占めており、アメリカや日本のような民主主義国家での民主主義への不満の高まる可能性がある。世界経済フォーラムの調査では高い可能性で起こりリスク、かつ影響度の高いリスクとして、2007年は経済の項目が大半のテーマだったが、2021年は環境の項目が大半のテーマとシフトしてきている。

プロジェクト名

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

プロジェクト名

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

プロジェクト名

ここはプロジェクトの説明部分です。テキスト部分をクリックし、編集してください。

プロジェクト名

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。

プロジェクト名

ここはプロジェクトの説明部分です。サイト訪問者が作品や背景を理解できるよう、簡単に説明しましょう。「テキストを編集」またはテキストボックスをクリックしてください。